赤ちゃんに現れやすいアトピーは生活習慣や保湿で治そう

乳児

子育てに便利

水

ウォーターサーバーはおいしいお水を手軽に利用することができる方法として人気があります。特に赤ちゃんのいる世帯では、水を自宅まで運ぶ必要がなく、お湯もすぐに出てくるようになっているのでメリットが大きくなります。

もっと読む

紫外線から子供を守る

婦人と乳児

紫外線は、赤ちゃんにとって大敵です。なので、日焼け止めを使用してあげましょう。赤ちゃんの日焼け止めは出来るだけ優しいものを選ぶ事が大切です。また、大人用の日焼け止めは、クレンジングが必要なので赤ちゃんには不向きです。お湯で落とせるベビー用の日焼け止めを購入し使用しましょう。

もっと読む

赤ちゃんのための服

赤ん坊

赤ちゃんに着用してもらうためのベビー服を購入する場合は、肌への負担が少ない素材で作成されたものを選びましょう。品質が確かなベビー服は贈り物としても喜ばれますので、出産祝いに迷っている方にもオススメできます。

もっと読む

子供の肌の健康を守ろう

家族

母親の食事との関連性

赤ちゃんのアトピーと言えば、遺伝や周辺の環境によるものだと考えている人が少なくありません。このため、家族にアトピー患者がいなかったかどうかを調べたり、部屋の中にホコリがたまらないように、一生懸命掃除したりする人が後を絶ちません。この処置はある意味で正しいのですが、それだけで赤ちゃんの健康状態が回復するとは限りません。これはどういう意味なのかと言いますと、母乳がアレルギーを起こし、アトピーが悪化する、ということがあるからです。近年の健康志向のブームもあって、母乳で赤ちゃんを育てようとするお母さんが増えましたが、母乳を通じてアレルギーとなる物質を口にしてしまい、そのせいで肌荒れを起こすということがあるのです。

食事や保湿

では、赤ちゃんのアトピーを治すためだからと、厳しい食事制限を課せばよいのかと言うと、そうでもありません。それを行うと、お母さんが激しいストレスを受ける原因になるため、赤ちゃんにも悪い影響が出てきます。そのため、基本的には季節の野菜など、旬のものをバランスよく食べるようにしましょう。これは身体にとって一番必要な成分をそれが含んでいることが多いからです。また、赤ちゃんが肌荒れを起こしていると、その改善のためだからと、お風呂に入れてゴシゴシとこすってしまう人が多いですが、それは控えるようにしましょう。そうすることで、必要な皮質や抗菌物質なども洗い流してしまうことがあるからです。あくまで、自然に身体が丈夫になるようにしましょう。