ギフト

贈る必要があるか聞くべき

初節句とは産まれてから初めて迎える節句のことで、男の子は端午の節句、女の子は桃の節句をさします。それぞれ鯉のぼりや鎧甲、雛人形などを贈られることが多いですが、祖父母や親戚の場合内祝いは不要なことが多いです。ただ家庭により事情は変わるので確認しておくべきでしょう。

詳しく見る

家族

費用は人それぞれ

父の日のギフトは母の日のように定番があまりなく、人それぞれ好みのものを贈る傾向があります。お酒や食べ物、ネクタイ、酒器など食器類などが人気ですが、費用相場もピンキリです。相手の好みや意向に合わせて選び、感謝の気持ちとともに贈るのが大切です。

詳しく見る

ギフト

荷物にならないようにする

引き出物は結婚式に出席した人たちが貰うものですが、帰りに荷物になることがあります。そんな時のために、宅配便を利用しましょう。ホテルでの結婚式なら受付で宅配便の手配をしてくれることがあるので、とても便利です。

詳しく見る

子供

相手のことを考えよう

初節句の内祝いはどんなものにすべきか、考えるのは大変です。デパートのギフトコーナーで相談をしたり、インターネット上のギフトショップを利用したりして品を選んでみましょう。また、万人に受け入れられるようなものがおすすめです。

詳しく見る

ギフト

専用のコーナーを見てみる

父の日のギフトはデパートの専用コーナーで探してみるといいでしょう。もしくはインターネット通販を利用してみるのもおすすめです。それから、ギフトカタログをプレゼントするという方法もあります。視野を広げて探してみましょう。

詳しく見る

参列者の負担を減らす

ギフト

よく使われている理由

冠婚葬祭は比較的決まった手順で行うことが多いものでしたが、近年はより効率的に、参列者の負担を減らすようにする人が増えています。特に感謝の気持ちを込めて参列者を招待することが多い結婚式においてはその傾向が強くなっています。引き出物を宅配便で送るというサービスもその一つです。引き出物といえば重くかさばるものが一昔前までの定番でした。重くかさばるものこそが価値の大きさにつながると考えられていた側面もあるためです。近年は遠方から来る人や持ち運びの大変さに考慮して軽くかさばらないものを選ぶ傾向が出てきていますが、より負担を軽くするのならば宅配便で送るのが最も合理的です。二次会などに行く場合はかさばる引き出物を持っているとじゃまになりますし、遠方から来ている場合も荷物となります。そのため宅配便で送れるようにするのは参列者にとって大きなメリットがあるのです。一口に宅配便を利用するといっても、すべての引き出物を宅配便で送る場合と、メインの引き出物のみを送り引き菓子や縁起物は当日渡す場合があります。負担が少なくなるのはすべて送る方法ですが、実はこの方法に対応している会場や引き出物ショップは多くありません。なぜかというと引き出物、引き菓子、縁起物などはそれぞれ性質が異なるものであり、同梱しにくいことが多いためです。そのため多くの会場ではメインのもののみ送るという方法をとっています。それだけでも負担はかなり減るので喜ばれています。インターネット上では、こうした引き出物を専門的に扱ったサイトもあれば、プレゼント全般に特化したサイトもあります。引き出物専門サイトであれば引き出物に特化したものが選べますが、より幅広いアイテムから選びたいという場合にはプレゼント全般を取り扱っているサイトを選びましょう。母の日や父の日、敬老の日のプレゼントから彼氏への誕生日プレゼントまで、欲しいアイテムが簡単に購入できます。

引っ越し祝いを贈る

友人や知り合い、同僚が引っ越しをするといった場合は引っ越し祝いを贈ると良いでしょう。引っ越し祝い観葉植物が人気で、こちらも通販サイトから購入することが可能です。すぐにでも贈りたいといった時は花屋さんで購入するという方法もありますが、多少時間にゆとりがあったり、重たい物を運ぶのが大変といったりする時は通販サイトを上手く活用すると良いでしょう。

Copyright© 2018 【通販サイトの利用がオススメ】父の日ギフトを選ぶポイントを解説 All Rights Reserved.