贈る必要があるか聞くべき

ギフト

贈るときの注意点

初節句とは、赤ちゃんが産まれて初めて迎える節句のことをさします。男の子ならば端午の節句である五月五日、女の子ならば桃の節句である三月三日がそれぞれ初節句です。あまりにも産まれてすぐの場合は翌年あらためてお祝いをすることもあります。初節句には、祖父母や親戚などからお祝いの品をもらうこともあります。端午の節句ならば鯉のぼりや五月人形、鎧甲などが定番です。桃の節句ならば雛人形や雛飾り、市松人形を贈られることが多いでしょう。たいていはどちらかの祖父母が贈ることになります。どちらの祖父母が贈るかはある程度決まりがありましたが、近年はそこまで決まりはなく、両家が折半したり、贈りたい方が贈りたいものを贈ったりとかなり自由な形です。祖父母や親戚などからお祝いの品やお祝いのお金をいただいたときは特に内祝いなどは不要で、お祝いの席に招けばそれでよいとされています。ただ家庭によって考え方は様々なので、親戚ではどのように進めることになっているのか聞いておくとよいでしょう。身内以外や親戚でも遠くの親戚から初節句のお祝いをもらったときは、いただいたものやお金の半分から三分の一程度を目安に内祝いを贈る方が失礼がありません。内祝いの品としては消耗品がふさわしいとされています。たくさんもらっても困らないような食品類やタオル、洗剤などの日用品などが内祝いとしては好適品です。お礼状をそえてもらってから一ヶ月以内を目安に贈るとよいでしょう。

Copyright© 2018 【通販サイトの利用がオススメ】父の日ギフトを選ぶポイントを解説 All Rights Reserved.