赤ちゃんに現れやすいアトピーは生活習慣や保湿で治そう

ベビーとウーマン

紫外線から子供を守る

婦人と乳児

紫外線ダメージ

大人になるとシミ・シワ対策に日焼け止めを塗りますよね。紫外線は肌に良くないというのは今では常識になっています。しかし紫外線対策はいつからするのがベストなのか、ということはあまり知られていません。実は「紫外線対策は大人になってから」というのは遅いんです。紫外線のダメージは赤ちゃんの時からどんどん蓄積されていくので、出来るだけ早くから対策するのがベストです。なので赤ちゃんの時から紫外線対策に日焼け止めを塗りましょう。赤ちゃんの肌は大人の肌よりも敏感なため紫外線のダメージも大人以上に受けてしまうのです。なので毎日の散歩や外遊びの時は赤ちゃんの肌を守るために日焼け止めを塗るのを忘れないようにしましょう。紫外線対策をすることでシミ・シワになりづらいだけではなく、皮膚がんのリスクも下げることができるのです。

肌に優しいものを

赤ちゃんの肌を守るために塗る日焼け止めですが、どんな物が良いのか分からない方もいますよね。間違った選び方をしていると逆に赤ちゃんの肌を傷つける事もあるので気を付けましょう。まず日焼け止めを選ぶときに大切なことは「ベビー用の日焼け止め」を使うことです。当たり前ですが、大人用の日焼け止めを使うのは止めましょう。大人には良くても赤ちゃんには向いていません。そして「お湯で落とせる」ものを選びましょう。赤ちゃんはクレンジングはできないので、お湯で落とせる日焼け止めを使うことは必須です。SPFも散歩程度だったら20〜30くらいのもので大丈夫です。SPFの高いものは肌に負担がかかってしまうので赤ちゃんには極力使わないようにしましょう。